終わりよければ全てよし

ちょっとだけ文章を書くのが好きなオタクのポエム張です。

経過報告2


日にちが開きましたが、それなりに順調に生きてます。天気が悪いと具合が悪くなるのはメンヘラの運命ですが、今までよりは随分とマシになりました。天気の変化で体調を崩すたびに思うのが、よくあの土地の気候で今まで生きてきたな、と思います。あったかいってしあわせです。


さて、サポートステーションの方でも無事面談させていただけました。
最初の電話口の様子から少し不安があったのですが、行ってみれば丁寧に対応してくださいました。場所が違えば環境も人も変わりますから、全国どこでもこうしてみてもらえるとは言えませんが、少なくともこの土地のこういった就労支援の方は理解があるんだな、と思いました。都会に近いっていうこともあるのかな。

週一の活動からしたいという私の希望や、やってみたい・興味のある方向、体調が芳しくないことや精神的な不安定さもきちんと聞いてくださる方でしたし、私からも話しやすかったです。メンヘラが他人に相談する上で大事なのは、やはり互いに感情移入しすぎないことなんだなと改めて感じました。
メンヘラの自分語りはどうしても相手に響かせよう(傷つけよう)としがちですし、それに対して「わかるよ」と安易に共感してしまうと二人して自分の内に内にと潜り込んでいくハメになります。
私は結局メンヘラ側なので、相談される側の心構えとかはどうしても「メンヘラが相手に期待すること」になってしまうのでどうこう言えないのですが。
相談する側として絶対的に言えるのは「メンヘラが望んでいるのは自己肯定感」なんですよね。マイナスなことをマイナスと捉えるにしても、マイナス→プラスにしてもプラス→マイナスも、ましてプラス→プラスなんて、自分の考え方や価値基準に自信がない。何故なら自分を肯定できて自分を大切にできるような奴は、そもそも相談する必要もないし病む必要性がない。

だから結局何が一番大事かって、確かな事実を有りの侭に受け入れることなんだと思います。その事実が良いことか、悪いことかは置いといて。

ただそれには、その事実を受け入れるだけの心の余裕が必要(メンヘラにとってこの世のありとあらゆるものは自分を苦しめる)なので、生きる上でのいろんな些細な努力を認めてあげることが大事なのではないかなーと。まあ、そんなのいちいち相手してたら疲れちゃいますけどね。



で、このちょっとずつ社会との関わりと持つ中で感じたのが、「期待しすぎない」ことかな。と。
メンヘラの心はここまでのグダグダを見てわかる通り、ガラスなチキンハートです。触れるものみな傷つけるです。ギザギザハートの子守歌を毎晩泣きながら聞いてます。

ジョブカフェの方もサポステの方も「こういう人間」の扱いには慣れていらっしゃいます。しかし、他の方はどうでしょうか?
そういったことに関わる方が「こういう人間」に慣れているのは、関わる上で経験値を得ているから、その思考回路を知っているからだと思います。

前に私が失敗したのは、「私はこういう人間であるから気遣って下さい」というスタンスで居たからでした。それは私が自分の要求を口に出すことができず(頑張ったけどダメでした)、またあの体調ではそうして開き直るしか方法がなかったからです。

でも。自分で自分のことを守れないくらいにボロボロなのだとしたら、それはたぶん何かができる状態ではないんですよね。
そういう時は何もかもを諦めて寝るしかないのだと思います。寝れないくらい辛いなら一日中家でぼーっとしてればいいと思います。寝ようと頑張って苦痛を感じるより、ぶっ倒れるまで起きてる方がマシです。個人的に眠ることもすごい体力使うなと感じています。
家に居るのも辛いなら、どうすればいいんでしょうね、私はできれば精神科に入院したかったんですけどあそこはなかなか出れなくなると聞きますし、うーん。私の場合はなんか精神飛ばしてたのか意識を薄めてたのか、あんまり記憶がないんですけど。

そういう、家に居ることすら苦痛な人のシェルター的なものとかないんですかね。
こう、そんな重くて長いものじゃなくても、しんどかったら一日二日逃げといでみたいなの。ないんですかね。
どうしても「この家から逃げたい!」「でも誰かの世話になるのは申し訳ないし、もっと辛い人のためにそういう所はあるべきだ」「私みたいな甘えた人間がこんな甘えた思考ではいけない、そうだ死のう」ってなってたので。家って、そんな絶対的で唯一の居場所なんですかね。実際そうなんですけど。
もっと他の所に、逃げちゃいけないのでしょうか。
お金、お金か。時間とお金をかけて養ってくれてるんですもんね、嫌だとか辛いとか逃げたいとか言っちゃダメなんですよねきっと。おかねほしい。

まあ。今は家でなんとか自立的精神を持てているので(親不孝で申し訳ないですが、父と母ではなくお金と家とご飯をくれる人だと思うことにしました。反抗期ですけどなにか)、そういう精神的余裕を持ち続けられるようにしたいなと。


そのためにも、まず体の休め方を覚えることが必要だと痛感しました。
ここ最近は眠ることにも慣れてきて、体も重たくない日々が続いていたのですが、動き始めたらまた体に負担が。そもそもの体力が落ちていることもあれなんですが、緊張が体をがちがちに凝らせるんですよね。昔からなんですけど、特別何かあるわけでもないのに肩から力を抜けない。まあ結局家に居ても外に居ても辛くて苦しいのは変わらないので、どうやってリラックスしたらいいかわからない。なにそれおいしいの。
当然体は悲鳴をあげるし常に頭の中で叫び声が聞こえてきそうなんですが、どうしたらいいのかなんてさっぱり。

明確に頭痛が現れてからは抗うつ薬を飲むと頭がぼーっとする代わりに緊張もとれてたのですが、あれは諸刃の剣なので………

幻覚の名残で夜寝るのも、暗闇もこわくて仕方ないんですけど、そもそも肩が痛すぎて眠れない。
あといろんなことを、やらなくちゃいけないことやりたいことが頭の中でぐるぐるして眠れない。頭の回転が止まらない。頭が痛い。
あと寒い。普通に気温が寒い。でも暖房つけたまま寝るわけにもいかない。万年冷え性なので、足先も手先も氷のような冷たさ。

こういうのは本来、生活習慣とかで治すべきなのでしょうが、そんな悠長にしてらんないくらいしんどい(し長年の付き合いすぎて今更変えられるとは思えない)ので、体の外側からアプローチしていくことにしました。


まず基本として、眠ることに恐怖を感じる暇がないくらいまで体を動かして疲れさせる。
これは散歩+日光浴ですね。引きこもり系クズニートなので、ちょっと動くだけでも結構疲れます。対人恐怖症でおそとこわいなら猶更です。あんまり精神に負担をかけても逆効果なので、家の周りをば。服装はジャージ。

(ぼくは普通のジャージ着てます)

髪はまとめてたりおろしてたり。化粧は基本してないですけど、気になる時はファンデーションだけ。
家の周りは住宅地なので、昼間はそこまで人は居ません。ただ夕方になると通学帰りのクソガキどもが跋扈しよるのでなるべく避けます。こないだ前方を広がって歩くクソレディどもがこっち振り返って笑ってやがったので、スマホで写メ撮ってやろうかと思ったけど我慢しました。きっとうちのいぬちゃんが可愛いって褒めてたんだと思います。クソレディどもが見えなくなるまで影で立ち止まってました。

うちのいぬちゃんも散歩を始めてからはなんとなく心の調子が安定しているように思います。うちに来てから家人の精神的不調に振り回されてばかりだったこの子が、せめてもう少しだけでも楽しそうにしてくれればいいなと願ってやみません。そのためにも、ちゃんと私がこの子の犬生に責任を持ってあげられるようになりたいです。

日光浴もいいです。人間も光合成すんのかなってくらいほかほかして疲れます。脳がバターみたいに溶かされてくようです。


できればストレッチと筋トレもしたいのですが、なかなかそこまで手が伸びません。

matome.naver.jp


一番大事なのは、おそらく焦りを捨てることだったのだと思います。
できれば、早く家を出たいです。しんどい、辛いという思い。
でもそれが自分の足を引っ張るようなら、その想いはそれとして、「大丈夫、今は着実に積み重ねている」と思うしかないのだと思いました。そう考え方をシフトできるのも、やはり話を聞いて不安を理解してくれる人が居るからなのだと思いますが。


まあそこまでしても、頭が過活性してたら意味ないです。疲れのその向こう側に行くだけです。瞳孔が開いてる状態です。
問題はそこからどうやってリカバリーするかなので。

肩が痛いので、物理的に外側から柔らかくします。
今までで一番良かったのは、肩に塗ってあったかくして肩を溶かすやつなのですが、常用するのは危険かなと思ったので、まずこちらを用意しました。

あずきのチカラ 首肩用

あずきのチカラ 首肩用


何故これを選んだかというと、花王製品じゃないからです。
鬼女板のみなさん、私はまだ花王不買運動続けてますよ!台所洗剤もヤシノミです。母が花王製品を買う前に仕込んでおきます。

これの何がいいって鎖骨をあっためてくれるところです。私は鎖骨が埋まってて窪みとか存在してないデコルテなのですが、同時に張りまくってて痛いです。窪みが一番固いかもしれません。
あとこういう使い方はよくないでしょうが、机に向かってる最中でもあっためられるのでしんどくてやばい時に便利です。難点をあえて上げるとしたら、あずき臭がほのかにするくらいですかね。

あずきのチカラ 目もと用

あずきのチカラ 目もと用


これも買いましたが、目の周りの筋肉がぽかぽかして気持ちいいですよ。眼球の真上にはあずきはこないように作られてますし。
ただ当たり前ながらゴムはついてないので、寝ながらじゃないと使えません。でもまあ焦りに憑りつかれた人間は体を休める時間を持つことさえ苦痛なので、あえてこういった強制的に体を落ち着ける時間を持つのはいいと思います。椅子でしか休めない時が難儀ですが。


それから、水分補給として保温性の水筒(魔法瓶)を買いました。500ml入るので、結構足ります。
何故保温かと言うと、寝る前にあったかい飲み物で体をあっためるのは勿論、朝起きた時に枕元にあったかい飲み物があるとそれだけで寝起きの辛さが違うからです。

(可愛いのが良かったのでおされな雑貨店で買いました)

また寝てる最中暖房をつけてるわけでもないのに喉がカラカラになる時もあるので、やっぱり水は大事です。中身は紅茶だったりですが、あまり沈殿しないもの味が濃すぎないものの方がいいのかなーと。いろいろ試してはいるのですが、抹茶とか青汁とか。


また頭の回転が止まらなくて辛い時。
この状態を物理的に考えると、何故頭が痛くなるかっていったらその付近の血管が膨張しているからではないかと。なので、冷やす。冷やして、血管を細くする。ちょっとした知恵熱状態?なのかなと。
なんで、冷えピタを貼ります。するとあら不思議、意外と楽になります。プラシーボ効果もあると思いますが。
肩にはあずきを乗せているので、血の巡りはよくなっているわけですが、温泉入った時に冷たいタオル頭に乗せるとひやーっとして気持ちいいみたいなそんな感じです。



私の症状で一番顕著だったのは幻聴で、音にはすごく敏感です。同時に音フェチでもあります。
なので睡眠導入用の音声を聞いたりします。

一番おすすめなのがこの妄想エステシリーズ。

妄想エステ

妄想エステ


お姫様みたいに大事にしてくれるエステティシャンのお兄さんたちが、エステ・マッサージをしてくれるシチュエーション?CDです。事細かに説明しながらなので、うまくいけば触られてる部分があったかーくなってきます。
エロではなく、仕事上での距離感とお客様への誠実さを大事にしてくれているのですごく安心感があります。めちゃくちゃ褒めてくれるのですが、その語彙力と表現力はどこから来るんだってレベルです。さすが加々美さん、社員教育が徹底しています。
私が好きなのは、ちょっと天然ボケな真面目くんの泉乃彗くん(cv杉田智和さん)・一生懸命姫を大事にしてくれる初々しい新人くん小田切英斗くん(cv寺島拓篤さん)・ガチ恋しそうなあざとかわいさと神経質さのギャップに軽く引いてしまう櫻内規くん(cv岡本信彦さん)です。


催眠音声はたぶん心のどこかにかかるまいとするブレーキが働くのか、それとも聞いたものの導入が学校をイメージさせるものだったからか、失敗してパニックになったので(そもそも精神が不安定な状態ではああいうのは聞いちゃいけない)手は出さないようにします。


マッサージ系の音源なら同人作品ですが、桃色codeさんの「道草屋」シリーズも。

桃色CODE

DlSiteさんの方で購入できます。いわゆる耳かきボイスですが、それだけでなく環境音やお店の設定にもこだわりが。
私が大好きなのはちょっとお節介なおねえさんなたびらこさん。たびらこさんと鉄瓶さんのふわふわと主張する音が意識をぼんやりとさせてくれます。

動画なら真面目マッサージタグで探すとしあわせになれます。

スタスカの就寝前ボイスも好きです。本当にうとうとしてきちゃう。

星座彼氏シリーズVol.11『Starry☆Sky~Scorpio~』

星座彼氏シリーズVol.11『Starry☆Sky~Scorpio~』

羊でおやすみシリーズ Vol.20 「いいから横になれよ」

羊でおやすみシリーズ Vol.20 「いいから横になれよ」


羊でおやすみボイスは逆に目が冴えちゃいました。
本当にどうしても眠れない時は普通に好きな曲を、倉橋ヨエコさんや戸川純さんとか。鬱ってる時に聞くとすごく効く。あれ、鬱の時に聞こえてる頭の中の音にそっくりな気がするんですけど思い込みでしょうか。

終楽章 コンプリート・ベスト2000〜2008

終楽章 コンプリート・ベスト2000〜2008

戸川純 TWIN VERY BEST COLLECTION

戸川純 TWIN VERY BEST COLLECTION




手足の冷えはまずはお風呂であっためる。
でもまあ、それだけでなんとかなるなら困らないので、靴下を履く。手袋は無理なので、ハンドクリームでもにもに。

でもやっぱり寒い。って時は眠るギリギリまで暖房をつけて、乾燥予防に加湿器を。


matome.naver.jp


アロマオイルを投入すれば香りもしますし(できないタイプもあります)、ライトもつくので部屋の暗闇がこわくない。
ただ唇がかさかさするのは直らなかったので、リップクリームを。


あとは単純に、携帯やパソコンの明かりをなるべく避けて、眠れなくて携帯触る時は明度を下げる。とかでしょうか。


でもこれだけでも結構お金かかっちゃいますよね。
ずっと自分のためにお金を使うことに罪悪感があったんですけど。漫画やゲームは我慢できなくて、だからこそ、というか。
でも、親が自分のために、ってあんまり気にしないようにしたら楽になりました。



それから一週間の予定をざっくりでいいから立ててしまう。
私はこれが本当に苦手で、何故かというと計画立てても遂行できないししないんですよね。で、余計自己嫌悪がひどくなるので、そもそも考えたくない。だから何かできそうな時は無理や負担をかけてでもやる。

でも今やりたいこと・やらなくてはいけないことの数を数えた時、あれもやりたいこれもと考えても無理なんですよね。このクソみたいなHPなら猶更。
書きたいこととかあっても、結局締め切りがないとなかなか完成しない。

起きる時間は決めて調節してるので、そこから組み立てていこうかなと。
ノートとかに書いてまとめておけば、頭の中に残しておけるので、せっかく買ったメモ帳を活用しようと思います。



少しずつ進みだしていますけど、不安はやっぱりつきものです。
今までの経験が私の不安を煽る。いつだって最初はうまくいく気がするんです、でもやることが増えていけばいくほど逃げ出したくなっていく。
そしてまたクズニートに戻って、家の中で呻いてるだけになる。

だからこそちゃんと自分が何ができるのか、何がしたいのかちゃんと見極めて、それを口に出せるようにならないといけないなって。

今の私に一番必要なのは、苦しいことを苦しいと、嫌なことは嫌だと言える自分の意志だなって思うので、それを少しずつ、育てていきたいです。キレるのにも技術は必要。