読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりよければ全てよし

ちょっとだけ文章を書くのが好きなオタクのポエム張です。

経過報告

クズニート

とりあえずハロワ行ってきたお。


ハロワっていうか、ジョブカフェなんですけど。

基本的に、行政が運営している就労支援施設は
厚生労働省の「サポートステーション」
・おそらく県等自治体が主体の「ジョブカフェ
とあるようです。
どちらも全国各地に点在しています。




サポステの特徴は、まだ行ってないので調べた・話を伺ったのみですが
・初回は電話予約。
・対人コミュニケーション訓練やパソコンスキル教室がある。
・定期的な面談を実施。
・期間や目標を設定し、連続的なプログラムをこなしていく形。
・社会復帰を主な目標とし、臨床心理士も在籍。
というところでしょうか。

ジョブカフェの方は
・初回は予約なし、登録・初回面談(20分程度)は必要。
・再就職も含めた、就職活動全般のため。短期間で内定をとるコース(?)も。
・企業との少人数セミナー等、正社員を集める求人が多い。
・面接や書類の準備の手助けをしてくれる。
・20分ほどの面談は事前予約なしでもok、50分面談は予約が必要。
ハローワークを併設。
といった感じでした。

共通しているのは
・相談等の料金は無料。
・当たり前ですが、無断でバックレれば拒否されます。


今回は初めて行ったので、登録・初回面談、とちょっと無理しすぎた感はありますが50分面談も受けてきますた。
一番印象的というか、安心したのは鬱・通院経験があり、ぶっちゃけ「あんまりここ数年とか昔の記憶ないです」って言っても、変な顔されたり心配されなかったことです。むしろ「嫌なことは忘れて良かったじゃない」と肯定してもらえました。

まずこういった行政の施設があることを知ったのが、ニコ動にあるサポステのバナーだったんですが、サポステとジョブカフェの公式サイトを見比べて、こう、なんだろわかりやくて色使いがちゃんとしてて、サイト管理ちゃんとしてるイメージがあったのがジョブステだったのでこっちにしたので(?)、そこまで不安視はしてなかったんですが。
前に他人にこういう話をした時の記憶すらも、だいぶんもうおぼろげというか消してたので。あんまり何言うかとか考えずに行ったんですけど。




あとサポステよりジョブカフェを選んだ理由としては、サポステの利用規約的なところに「サポステの悪口言うのやめてな」みたいなこと書いてあるんですけど(社会復帰施設的な性質を考えれば妥当だと私は思います)、軽くネットをサーチしても肯定的な意見あんまりなかったんですよね。まあ肯定する=ここに通って社会復帰するタイプの人間は、普通私みたいにこんな書いたり晒したりしないっつったら、まあそれはそうだと思うんですけど。
サポステへの否定的な意見(事例?)としては、
diamond.jp


とかが一番印象的でしたかね。
こちらの記事を書かれた池上正樹さんという方、過去に痴漢の本や3.11に関する本などを出されているジャーナリストの方で、なんかひろゆき氏との対談?とかもされてました。

gendai.ismedia.jp
前編・後編とあります。

ニコ生

文章なら平気だったんですけど、映像はちょっと辛くて最初の方しか見てないっす。

ぶっちゃけひろゆき氏って社会に適応とかしなくてもいい才能で食っていけてる能力も覚悟もある方の方なんで、社会に適応したいけどしない・できないタイプの「ひきこもり」については語らせてもあんまり意味ないのではないかなと思います。
ひろゆき氏の「僕はこうです」に池上正樹氏が「そういう捉え方・考え方もできますよね」って言ってる感じで、いまいち一般化した話になってるかって言ったらどうかなーと思いました。働く形態が変わってきてるから、考え方も柔軟にしてかなきゃいけない、っていうのはそうなんだろうなーとは思いましたが。

池上正樹氏の出してる、ひきこもりに関する本も読んでみた方がいいのだろうかと思って(kindle版出てる…けど本で買ってもそんなに値段は変わらぬ)、アマゾンレビュー見てみたのですが、

「分析はされているが、実際の事例を並べるばかりで、明確な対策が出ているとは言い難い(要約)」とのことだったので、じゃあいいやって思いました。まる。

ネガキャンしといてなんですが、今度新しい共同の本を出されるようです。

下流中年 転落するリスク、這い上がる技術 (SB新書)

下流中年 転落するリスク、這い上がる技術 (SB新書)


2chのスレもありましたけど、まああそこを見て鵜呑みにする必要はないですよね。

あと利用規約的なところを読んでいった際に、「就活施設だからちゃんとした格好してね。スウェット・ジャージ・肌色が多いのはダメだよ」って書いてあって、それも当然だとは思うんですけど(ドンキのスウェットにキティちゃんサンダルで来られても)、服装が地雷なぼくはちょっとビビっちゃいました。結構短パンに色タイツで足出てるんですけど、それはいいのでしょうか……。大丈夫だとは、たぶん、大丈夫かな?


話を戻しますと、ジョブカフェの方がちゃんとお話しを聞いてくださって安心しました。
入室した時も入り口に2,3人職員(?)の方が立っていて声をかけてもらえます。受付に自分から声をかけるための勇気は、実際話す時までに取っておけます。

ぼくの場合はこことか脳内とかで、「何故、何を、どんな風に、どうしたい」を明確にできてたので猶更楽だったのかな。
雰囲気も明るかったし、落ち着けるような音楽もかかってたし、上の方の階だったので空が綺麗でした。おそらきれい。


今後の方針としては、
・サポステに通って生活リズムを整える。
・週一くらいのペースで求人票を見にジョブカフェへ赴いて、興味の持てる職をイメージするところから。(サポステ内のプログラムに「出張」という形でジョブカフェへ行く機会もある)
・余力があれば、カルチャーセンター(?)などに行ってみてもいいかも。
って感じでした。
あと思ったんだけど資料を入れるファイルと書き留めとくメモ帳必要だね。薬局で買い物した袋に資料入れて帰ってきた。ディズニーのファイルは意地でも買わん。

サイトを見た時にリンクの所になかったので、サポステとジョブカフェは提携とかはしていないのかなーと勝手に思ったけど、ジョブカフェの方がサポステの見学行くこともあるみたい。近くということもあるのでしょうけど。
サポステに関しては、まだ行って雰囲気見たりしてないので何とも言えませんが、まあ合わない!って思ったらやめときます。ジョブカフェの方も見学に行ったの自体は数年前みたいでしたし。
連ちゃん(普通に使ってたけど今調べたら麻雀用語だった)で動くのは流石に今は無理なので、一旦一日休み入れてから行く予定です。


あと起きる時間調整するために夜早寝(っていっても0時とか)しようとしたら逆に具合悪いです。何故だ。
っていってもちょっと前は9時起きとかだったんですが。

ゴミ出しは父に先を越された時以外はなんとか。

晩御飯報告は今日こそ帰りお腹すいたのと疲労コンパイン(今調べたら稲刈りの機械のことでした)だったので食べて帰ったのですが、連絡した時には既に時お寿司でした。計画的とまでは言わずとも、終わり時間を意識した方がいいなって思いました。

あと机に向かえてないです。疲れて机に向かえない時もあるとは思うので、そういう時は手元にある(漫画とかおもしろフィクションでない)本を手に取るようにしてみようかなと思います。

部屋の整理に手をつけてます。
www.tenmafitsworld.com
をコミックワイド6つ、DVDワイド1つCDワイド1つほど取り寄せました。買っていただきました。代引き使えます。東急ハンズでも取り扱ってました。
主に買いだめた漫画本が未だに段ボールに積まれてるので早くなんとかしたいんですけど、なんかすごい体力持ってかれます。

朝ごはんレシピ調べてないです。今週ずっとラジオの著作権的なこと調べてました。


今週の総括としては、
自分のことは自分しかわからんのだし明確に言語化しとくに越したことはない、
でもあんまりきっちりかっちり考えすぎると禿げる、
人に褒められるのは嬉しい、
の三つですかね。

お察しの通り眠いです。疲れたのでプリキュア(みらいちゃん)に「一日お疲れ様」って話しかけたら(会話にはなってない)返事が来て結構癒されました。


あ、いぬちゃんの散歩はよっぽどクタクタでない限り毎日してます。夜はちょっとこわいですけど、公園で日向ぼっこするの楽しかったです。

以上です!