読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりよければ全てよし

ちょっとだけ文章を書くのが好きなオタクのポエム張です。

愛されたいでも愛そうとしない、その繰り返しの中を彷徨う奴は永遠に迷ってろ

クズニート

地元の人と電話した途端、動悸・眩暈・吐き気・震えが襲ってきました。墓参りに帰るのが怖いです。


メンヘラの自分が人と関わっちゃいけなかったと、今なら思う。それは結局今だから言えることで、当時の自分も関わるべきじゃないと解りつつも、己を制御できなかったのだけれど。痛みを伴わない教訓には意味がなく、だから生きるのがつらい。
適度な距離を置いて相手を大切にできないことがわかってるなら、関わるべきじゃなかったのだ。せめて相手が大変な時期にそっとしておくくらいの配慮すら持てなかったのに、私は被害者ではなく加害者である。

自分の中の悪い部分を放っておいたまま、変わろうとか人の役に立とうとか何かを成そうとか、そんなのは間違いだった。馬鹿は死なないと治らない。

いつだって苦しくて、当たり前に普通な人を見るのが辛かった。
だから自分と他人を見比べて改善しようなんてできなかったし、自分の嫌なとこばかり目に入って、無意味な時間ばかりを過ごした。
いつもその時できる限りを頑張ってたつもりだったけど、普通の人がやっていることに比べたら全然足りてなんかない。そんなことは解っていた。当たり前に生きるためには、それ相応の努力をしなくちゃいけなくて、誰だってその人なりの苦しみを背負って生きている。だから私が苦しむのも当たり前で、他のもっと辛い人だっていっぱい居て、私はまだ幸せな方なのだからそれに感謝して生きなければならなくて。
けれど、そんなのは、問題の摩り替えだ。努力とは、目標に向けて的確にやらねばならず、成就しなくても形になるから努力の意味が生まれる。
私のしていたことは方向性を間違えているから、無意味で無駄で、必然として報われないから生きてる意味がわからない。

いつだって自分の選択の責任は自分にある。その考えはきっと間違えていない。
誰かに迷惑をかけた重みも、自分の人生も自分で背負わなければならない。だからこそ私は私でいられる。

毎日頭が痛くなって、記憶に苛まれて、自分のことでいっぱいで。
苦しくて辛くて吐きそうで、だから耐えて痛みが通り過ぎるのに必死で、何もできなくて自己嫌悪のスパイラルががが

何もできなくて、人に迷惑をかけてばかりの私は馬鹿にされても仕方ない。でもやっぱり辛くて嫌で。申し訳なくて。
許してほしいわけでも、分かってほしいわけでも、言い訳がしたいわけでもない、これを信じてもらうのが難しいのはわかっていても、言葉にできない想いを人に理解してもらうなんて甘え以外の何物でもないとはわかっていたのに。私は責められても仕方ないし当然だし、ただ誰かの役に立てればって、それは責任転嫁だ。
私なりに大切にできればって、心からそう思っていたつもりだった。自分のずるさや情けなさから目を逸らし続けていた。
そこに居るだけで、だからこそみんなに迷惑をかけて、取り返しのつかないことになって、私の我慢も想いも全て嫌な思いをさせただけだった。そこに居ることは、自分で選んだことだった。だから、だから、


劇場版 「BLEACH MEMORIES OF NOBODY」 【通常版】 [DVD]

劇場版 「BLEACH MEMORIES OF NOBODY」 【通常版】 [DVD]



トピック「成人式2016」 - はてなブログ