読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりよければ全てよし

ちょっとだけ文章を書くのが好きなオタクのポエム張です。

20歳女性(職業・無職)

クズニート 声優 おそ松さん

学もねえ、体力もねえ、夢も希望もねえ、クズニートだから死ぬしかない。

でも2次元でなら、闇は深ければ深いほど星は輝くし、光が濃く強く瞬くほどその影は暗く長く伸びるんだよ。

3次元の現実だと、リアルな激痛と吐き気に苛まれて動けないし動く気もないクズだけど、2次元でならほんの少し心が動いただけで、たった一瞬決断しただけで、全てが変わるんだよ。奇跡が起こるんだよ。

自分も変われるかもしれない、そんな夢をみていたんだよ。

それで、限りなく2次元に近くて、趣味も似てて、でも3次元でちゃんと生きてて、しかもこっちを向いて仕事をしてくれている人が居たら、そりゃ好きになるよ。ちょろいクソオタクだもん。クソ童貞だもん。クソダサだもん。
勝手に夢と希望を詰め込むよ。ありがとうじゃないんだよ、こっちがありがとうなんだよ。


しかもこちとら、トラウマ持ち系クズニートだから、好きになった人に幸せになってほしいとか思うんだよ。傷つけられてるのをみると、どうしようもなく苦しくて死にたくなるんだよ。代わりに私を殺してくれって思うんだよ。超重いよガチ恋かよ死ねよ。

好きな人のために死にたいよ。持てる限りのお金を注ぎ込んで、このお金があの人の晩御飯のおかずに化けたらいいのにな、なんて思うよ。天海春香が現実に居たら、多分私は臓器を売ってるよ。
でもクズニートの僅かに出せる金なんて、親の金なんだよ。それは私が自分で稼いだ金じゃないんだよ。親が家族を養うために働いた金なんだよ。なんだよ死ねよこのごくつぶしが。
こんなダメ人間が、こんなことしたところで、あの人たちは喜んでなんかくれないんだよ。苦しい。死ね。殺してくれ。

じゃあ働けよ。働くわ。そして寝る頃には心は挫けてる。どこまでもクズ人間。いやゴミ。動くゴミだわ、イチモツ兄さんより下だわ。でも一人っ子でまだ良かった、でもいとこに迷惑かける未来しか見えない。どうしよう。ちゃんと働いて、迷惑かけないようにしないと。

いつまで甘えてんだよ。逃げて逃げて、なんか昔は立ち向かったような気もするけど、多分それも逃げだったんだよ。現実とちゃんと向き合わないで、理想ばっかり見てる努力は努力とは言わないんだよ、現実逃避って言うんだよ。

お前の周りの人が本当のお前を見てなかったんじゃないんだよ。お前自身が本当のお前を見てなかったんだよ。そうだよな、本当の自分なんて認めたら、今までの全部ぶっ壊れちゃうもんな。でもな、ずるずると引き延ばして、無駄な時間を費やすより、早めにぶっ壊しちゃったほうが良かったんだよ、きっと。戻れないところまで来ちゃうより、そりゃあお前なりに僅かな希望とか捨てたくないものとか、誰かとの絆に縋ってたのはわかるよ。私はお前だもの。同情だってする。
でもな、お前の選択の責任は全部お前にあるんだよ。誰のせいでもない。お前はこうなったのは、こうなっていくのは、なるべくしてなったんだ。選択権はずっと自分自身にあったんだよ。それは昔の私だってわかってるだろ?それだけが、自分の人生は自分で決めるってことだけが、私が私である証拠だったもんな。

なあ、お前は大好きなその人たちを通して、何を見てるんだ?鏡か?そういえば、鏡に向かっていろいろ問いかけてみたりもしたな。結局頭おかしくなることもできなかったけど。

何度だってここに戻ってきてしまうなら、少しでも歩いてみようよ。
大丈夫だよ、昔よりはマシだもの。私は一生これを言い続けるのかな。
ずっと昔よりはマシ、あの頃よりはマシ、痛くないしきもちわるくないし、辛くないし聞こえないし見ないし、いつになったら今は幸せですってちゃんと言えるんだろうな。なんかそんな頃もあった気もするけど。人生そんなものなのかな。まだわかんねえや。

わかってるよ。死ぬならあの時にちゃんと死ぬべきだった、ちゃんと殺すべきだった。決断すべきだった。
そこからも逃げて、縋って、どんな理由であろうと、とりあえずこの身体を生きるって決めたのは自分だもんな。
なんで死ねないんだろうな。ヘタレだからなー。あと死ぬのにも精神力と体力要るもんな。
二十歳で死ぬはずだったのに。誰かに縋って生きてきたから、こうなったんだろうな。
愛とは見返りを求めないものだもんな。