読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりよければ全てよし

ちょっとだけ文章を書くのが好きなオタクのポエム張です。

優しくて、優しい背中。

声優


その背中に翼はないけど、あなたの笑顔は天使みたいに優しかった。

いろいろと理屈を述べるのが癖な割に、好きという感情には情動的で可愛らしくなってしまうあなたへの、共感に近い救われたという憧れが、最初の想いだったんだと思い返す。


ほっと、肩の荷が降りたような心地だった。
ずっと座ったまま、手に光り物もなくリズムを刻むだけ、声を高ぶらすこともない二時間半。ただあの方の懸命な苦しむような表情と、実際のところ上手なわけでもないのにあの方の人格や、あの人を愛する周りの人たちが見えるような優しい歌をじっと注視していた。

続きを読む

まとめについての反省。

アイドル 反省

togetter.com


trefoil321.hatenablog.com


一応これに関して何かしらの発信(まとめ)をした者として、その後の反省をしておきたいと思います。
あまりにも無責任な態度をとってしまった自分への戒めとして。

続きを読む

ちょっとまけてよ

クズニート

愛はお金で買えないと言うけれど、じゃあ具体的に愛を得るまでに何を費やせばいいのだろう。愛されるための努力も使った時間も費用も、そりゃあそれの持つ価値というのは「あなたのために」という献身だけれど、実質何を費やすかと言えばそれは物質的なものではないだろうか。

たとえば、親の愛。
親子の形はいろいろあれど、最終的にはその子どもが一人で社会でやっていけるようにしてあげることだと思うのだが、一人の人間をそれなりに真っ当に育て上げるまでに果たしてどれくらいの金額と労働、無償の奉仕が必要なのだろうか。
このご時世大卒、せめて専門卒なんて当たり前のようにはびこる話だ。塾に習い事に、子供自身のお小遣い、それらを賄うためにも世のご両親は働かれるわけだが、それだけでは真っ当に育つとは言い難く、やはり躾や愛情というものは欠かせない。時給換算はされない無償の奉仕、日々の労働、単純な経費を考えただけでも一人の人間のためにどれだけの代償が必要なのか。
これについては一重に愛だけでなく、家族として・社会の一員としての役割や子供を生むことへの責任も絡むとはいえ、やはり何らかの輪・集団に属することも愛の持つ性質の一つである以上、愛さえあればお金なんて・・・とは簡単には言い難い。愛はお金よりも尊いが、愛するためにはお金は必要ではないだろうか。

続きを読む